| | コメント (0) | トラックバック (0)

二代目


新たなる「同士」であるCD56DPがやってきました。

一代(一台)目は酷使されたにも関わらず10年という長い歳月を共にしてくれました。10年は議員生活と同じ時間。

二代(二台)目を駆使し、さらなる情報提供ができればと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


| | コメント (0) | トラックバック (0)


| | コメント (1) | トラックバック (0)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報提供

不鮮明な画像ですが自宅前の状況。郡道の「ほぼ突き当り」に位置する我が家。お寺の門前町でもあるのですが狭い生活道路に囲まれています。正面の道路は人や車の通行に支障が出てきています。この降り続く雪で「全市一斉」の除雪(幹線道路から生活道路へ)が今夜から始まるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダダ漏れ

(写真は本文と関係ありません)

確信犯(的)と思われる法令違反が自分自身の周りで後を絶ちません。特に前から重点的に調査をしている複数の「社会福祉法人」は自浄能力は皆無となったのではないでしょうか。福祉施設を2件「経営」している社会福祉法人では指摘により一施設の浄化槽を改修しました。それは地下浸透に不具合があり「ダダ漏れ」の状況が続いていたためです。その当時から、もう一方の施設でも浄化槽から「ダダ漏れ」の形跡が確認されていましたが、あまり「触れず」にしていました。

このたび施設長の半年にも及ぶ不在の報を受け調査を始めたところ、別件でしたが件の浄化槽に「ダダ漏れ」と思しき形跡が認められました。専門家の検証が待たれるのですが、そもそも浄化槽は浄化槽設備士がいる登録工事店で工事を行っているはずですし保守点検は保守点検業者に依頼し掃除は掃除業者に依頼するはずです。設置者である「社会福祉法人」と複数の業者に説明を求めなければなりません。もっとも「漏れていれば」の話なのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪目

中央奥に「見えないようで見える」太平山奧岳。いわゆるガラケーでの撮影ですので「N部長」の写真とは比べることできません。前岳から下山時の小休止でパチリとやりました。

前岳も雪山は通常の登山道とは違い直登部分が多いので登りはかなりきつく、オーパス横から入り約1時間50分。その分(直登)下りは「真直ぐ駆け降りる」感じですので1時間ほどで到着。

久々に履いた「マインドル」の登山靴に異変を発見。まだしばらくは履く予定なので早速修理へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


| | コメント (0) | トラックバック (0)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«